自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

応用情報技術者 午後の解答見てみた 

2012/10/22 Mon 21:56 - category:勉強

公式の解答例がでるのはまだまだ先だけど、
資格予備校が作ったやつがアップされていたので採点中。

アイテック 平成24年度秋期 情報処理技術者試験 本試験解答情報




ざっくり採点してみたけど、7~8割くらいは取れてそうな感じだった。配点や部分点がよくわからんのでなんとも言えないが。あと、平均点によっては合格基準変更になるんだっけか?

しかし、この解答例、単純な誤字脱字などに加えて、疑問に思う点が結構ある。あまり気にせず公式の解答を待ちたい。
スポンサーサイト

テーマ: 資格試験 - ジャンル: 就職・お仕事

応用情報技術者試験、受けてはみたけれど。 

2012/10/21 Sun 20:48 - category:勉強

どうなんでしょうか。


平成24年度秋期 応用情報技術者試験 うけてみた。今日。

正式な結果が戻ってきたら、わりと真面目にレビューを書こうと思う。とりあえず感想だけ。


ITパスポートを変な思いつきで受験したのが、今年の4月。
ITパスポート取ってみた
ITパスポートやっぱり受けるんじゃなかった・・。

基本情報技術者から受ければよかったなぁと思いつつ、
基本~のカコモンで8割~9割取れてたので、もう応用情報受けよう
と思って受けた形。

6か月もあるし、それなりに勉強もするだろうとテキトーな考えで
いた結果、ほとんど勉強してない・・。

基本情報向けにちょっと問題とかやってたんだけど、夏入って以降
ほとんど参考書を見ることもなかった。

そんなわけで、ホントに今日家で寝てようかなと思っていたけど
受験料ももったいないので一応行った。

やってみた感想として、午前試験はやっぱり勉強してなかった分
知識不足で、2択くらいまで絞って勘に頼るってな場面が多かった。
終了時点で正直かなり危ういんじゃないかと思っていた。
マネジメントとかストラテジとかの部分はほとんど死んでるというイメージ。

一方、午後試験は設問導入が多い分、予備知識がなくてもなんとか
こなすことができたと思う。選択したのはテクノロジっぽいやつばっかり。
午前試験に比べるとかなりできたんじゃないかという勝手な判断。


公式ではないけど資格予備校が出している速報で午前だけ採点してみたら、
意外にも7割超えだったので致命的なマークミスとかなければ
パスできているんじゃないかという希望が持てた。

午後試験の方も速報出たら採点してみようと思うけど、そもそも
行くかどうかも迷ってたし、試験終了時にかなりの確率でやらかした
と思っていたので、あまり過度に期待せず待つ。ハードル下げねば。


あと現地で思ったこと。

・欠席者多すぎ。ホントに半分近く空席だった。午前試験免除があるから
午後から来る人も多いのかなと思ってたが、ほとんど増えない。
(訂正:免除あるのは高度情報からだった)
まぁ、働いている人ばかりだからしようがないのか。

・女性皆無。あ、試験官が一人だけ女性だった。
会場全体で男のみ等の受験地振り分けをしている気配もなかったので
あれが男女比の実態なのか?
年齢的には、20代半ばから後半・30代前半までが大多数って感じだった。
40以上かなって人も結構いるにはいたけど。

・試験時間半分くらいで切り上げる人が複数いて焦った。全部解答して見直して
あの時間だったらデキる人なんだろうなぁ。自分は時間いっぱいまで使っても
結構不安の残る出来だった。



追記
平成24年度秋期試験(1) 問題冊子・配点割合・解答例・採点講評
↑IPAに午前の解答例がアップされてたので見たら、某資格予備校の解答例と4つも
相違箇所が発見された・・。とはいえ大勢に影響なし。

テーマ: 資格試験 - ジャンル: 就職・お仕事

ITパスポートやっぱり受けるんじゃなかった・・。 

2012/04/23 Mon 19:50 - category:勉強

先日、ITパスポートはもうOKだからと思って、基本情報技術者の過去問(23年度春特別試験)をやってみたところ

午前試験 90%
午後試験 89%

取れてた・・・。(合格基準60%)もちろん勘で答え書いたところもあるけど。


下位試験であるITパスポートよりも正答率が高いという謎の答えは、問題に占めるテクノロジ系の割合が高く設定されているからなんだと思う。特に午後試験。


ITパスポの問題見て、ストラテジ系とかマネジメント系の部分って正直、無勉では知識不足な印象がつよかったんだけど、基本情報技術者になるとそのあたりの技術的問題以外の部分がごっそり削れちゃってるので、大学とかで情報学んでた人にとっては、無勉で受ける場合、基本~のほうがむしろ簡単という逆転現象が生じているっぽい。

少なくとも自分の場合はそうです。なので、同じ感じの人は、ITパスポートはむしろ受けなくていいんじゃないかと思う。


もちろん、経営とか工程管理とか知識不足な分を本を読んで勉強するっちゅう意味では必要だと思うけど、単に資格を順に取っていきたいという場合はホントに無駄。


でも、それぞれの試験について過去問がかなりの年数分公開されている点は、主催者を評価していいと思う。
特に主催者が公共系以外の資格試験については問題を公開せずに、公式問題集とかの形で売りつけてくるので、それよりははるかにマシだ。

テーマ: 資格試験 - ジャンル: 就職・お仕事

ITパスポート取ってみた 

2012/04/20 Fri 21:54 - category:勉強

確定じゃないけど受かったっぽいので。

【資格】 ITパスポート(情報処理技術者試験レベル1)
【前提知識】 情報系の学科にいたこと。
【勉強時間】 6.2時間
【試験費用】 5,100円
【参考書】 基本的にはなしだが、基本情報技術者試験用のものを辞書的に読んだ(1050円)
【総費用】 6,150円

先日CBT(パソコンで受けるやつ)で受けて来た。合格発表はまだなんだけど、その場で得点が表示されて、基準に達していたので受かったってことだと思う。

無勉で過去問をやった時に、時間半分で終わったうえに得点率が8割近かったので(合格ラインは6割)、そもそも受ける意味あるのかなと思い、結構受験する気が無くなったんだけど、通常

ITパスポート

基本情報技術者

応用情報技術者

と受験していく段階で、ITパスポート飛ばして基本~の1回目で万一落ちてしまったら何か虚しくなる気がしたので受けてみた。

そんな状態だったので、このテスト用にテキスト買うのはもったいないと思い、一個上の基本情報技術者向けの本をかった。まぁブックオフだけどね。
平成24年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 (情報処理技術者試験)平成24年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 (情報処理技術者試験)
(2011/12/09)
栢木 厚

商品詳細を見る


これの23年度版が1050円だったので買ってみた。そんで、過去問を一応、無勉でやってみたヤツ合わせて3回分やって間違ったとこだけ、索引で調べて、受験。

過去問やってた時より、知らない単語が多かったのでめんどくさくて、得点率68%だったので実は結構危なかったんじゃないかと・・・。

情報系の人は、テクノロジ系の問題はほぼ満点とれるはずなので、テキトーに受けても多分受かります。CBT方式になってから、受験日がめちゃくちゃ増えてるので、思いつきで受けてみるということが結構可能。(今回は受験日の3日前くらいに申し込んだw)


手間のかからないCBT方式で、しかも一番初歩的な試験なのに上級の試験と値段が同じ5100円というのはちょっと納得いかない部分もある。この試験、情報処理推進機構の収益源じゃないのか?

テーマ: 資格試験 - ジャンル: 就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。