自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

「mother」をクリアした。 

2009/06/29 Mon 00:57 - category:日常

半年ぐらい前に始めて、ほったらかしにしていたゲームをこの度クリアいたしました。



エイトメロディーズというメインテーマがあるのだが、この曲実は小学校のときの音楽の教科書に載っていて、当時は別にゲームの曲とは知らずにリコーダーで演奏していた記憶がある。ゲーム中では徐々にそのメロディを主人公が覚えていくんだけど、すでに知ってしまっているので何というかネタばれとまではいかないにしろ、感動が薄れてしまった感がある。

いい曲だけど、僕の中ではいまだにリコーダーで吹いた時のイメージが強くて「エンディングまで泣くんじゃない」という当時のキャッチコピーに忠実に従い、またエンディングでも泣けなかったのです。

このゲームで面白かったのは、敵を倒してもすぐにはお金がもらえないなど細かい点にこだわっているところかなぁ。モンスターが金持ってるはずないし、人間から取ったら犯罪だしね。

でもまぁ、エイトメロディーズはいい曲だから、練習します。オカリナで。
関係ないけど、ゲームボーイアドバンス版をamazonで検索するとめちゃ高くて驚いた。
スポンサーサイト

映画「エレファント」 

2009/06/29 Mon 00:34 - category:映画

エレファント デラックス版 [DVD]エレファント デラックス版 [DVD]
(2004/12/03)
ジョン・ロビンソンアレックス・フロスト

商品詳細を見る





以前見た「パラノイドパーク」のガス・ヴァン・サント監督の映画を調べてみてみた。

コロンバイン高校で起きた銃乱射事件の話。かなり淡々とした描き方です。私個人としては、楽しめるタイプの映画ではなかったと思います。

前知識まったくなしに監督の名前で検索しただけで見たので、途中までコロンバインの事件の話と気づかずに見ていました。というか最後の方でやっと気付きました。こういう状態で観た人はあまりいないだろうなと思いますが、今回はそれが良かったかもしれません。
フツーの日常がずっと続いていって、これからどうなるのか結構フラットな状態で想像できたからです。

とはいえ、退屈に感じる人も多いかもしれません。

きょうの一枚 

2009/06/25 Thu 00:13 - category:どうでもいいこと

よく見かける工事の看板。

工事のひと










たぶん、謝ってはいない。ニヤケている。挑戦的な目つき。そう思うのは僕だけか?




ちょっと飲みすぎた 

2009/06/05 Fri 01:31 - category:日常

KC390031.jpg


ひさしぶりに割とまともなご飯を作って友人と一緒に夕食を食べました。しかし、ちょっと飲みすぎてあまり何を喋ったのかよく覚えていません。

ヒトとコミュニケーションをとることは難しいけど結局それが一番大事って話だったと思います。違ったらすみません。写真はミートソーススパゲッティとサラダとサーモンです。


工場見学 

2009/06/03 Wed 23:59 - category:日常

今日は学校関連で国内首位級の総合電機メーカーの工場と研究所の見学に行ってきました。

正直なところ、施設とかの見学よりも実際に働いている人たちの話を聞けたことがとてもよかったと思います。
そしてその結果、やはり大学内で学ぶだけでは自分の将来の方向性を決められないと悟りました。あと、純粋なモチベーションを学びにつなげることが大事なのだがそれは難しいとも思いました。

あぁ、僕はホントは何がしたいんだろうかとまた考えてしまいます。


映画「ガタカ」 

2009/06/01 Mon 23:40 - category:映画

ガタカ [DVD]ガタカ [DVD]
(2009/06/03)
イーサン・ホーク

商品詳細を見る



とても良い映画!! 良すぎ!!

伊集院光氏が前にチラッと面白いと言っていたのを聞いて観てみました。

うーん、もっと早く見るべきだった。久しぶりにおススメの作品です。

DNAによる管理社会の中で、一人の人間がその管理の壁を越えて夢を実現しようとする話です。まぁ、犯罪ですが。「未来世紀ブラジル」とは管理社会つながりです。今回のレンタルは図らずもそういうつながりになりました。

疑問点もいくつかありましたが、全体的に完成度が高かったと思います。映像と音楽は派手でなく綺麗でストーリーの儚さとのつながりも良かったです。結構意味ありげなシーンが多くてもう一回見てもかなり楽しめるんじゃないかと思います。

映画「未来世紀ブラジル」 

2009/06/01 Mon 23:39 - category:映画

未来世紀ブラジル [DVD]未来世紀ブラジル [DVD]
(2009/07/08)
ジョナサン・プライスロバート・デ・ニーロ

商品詳細を見る


「12モンキーズ」が面白かったのでテリー・ギリアム関連でたどってみた。

情報管理社会で管理を担うある人物の行動を追った映画です。

1985年公開のSFなのですが、やはり世界描写の特異性はさすがテリー・ギリアムと言った感じです。作中では書類のつじつまが合わないことに対してひどく神経質になっている点が面白く感じられました。全体を通して1985年によくこんだけ思いつくなぁという感想が強いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。