自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

夏を実感するもの 

2009/07/21 Tue 16:08 - category:日常

先日の夏が来てしまったで本当に言いたかったのは、季節の移り変わりを感じるポイントはかなり人によって違うよねぇということです。

気象庁が「梅雨明けしました」といっても実感に乏しい気がするのです。実際今日も雨だし。

それよりは、「蚊に刺されてかゆい」とか「なんかベタベタする」とかいう感じのほうが案外感覚に合っているようです。こう書くと、夏に対してネガティブなことしか連想してないことに気づくけど実際感情的にはマイナスを大きくとるのが自然かなぁと思います。

とはいえ、夏が嫌いなわけではありません。実際、私の中では季節ベスト4の中で夏は春に次いで2位です。

なぜ、2位かというと蚊がいるからです。暑いのは別に苦手じゃないけど蚊は嫌いです。私の季節ランキングは寒さと蚊によって決まっていることに今気づきました。

かなり話のまとまりがなくなってきたので、季節の変化を感じるモトを意識的に探してみると面白いよということで締めます。


スポンサーサイト

屋上の風景 

2009/07/19 Sun 20:58 - category:日常

学校の屋上に上ると虹を発見。 写真じゃ見えづらいか。
KC390047.jpg



あと、西の空。
KC390049.jpg



最近気づいたけど、ぼくは結構高い場所を好む傾向があるようです。

今度は満月の日に上ってみる予定。



夏が来てしまった 

2009/07/17 Fri 06:50 - category:日常

ここ何日か暑い日が続いた。
(今日は雨だが)



セミも鳴き始める。



蚊に刺される。



アイスを食べたくなる。



確証はないが、どうやら、夏がやって来てしまったようである。僕がどれほど、泣きわめこうが怒り狂おうが防ぎようがない。



いや、しかし防ぐ必要もない。冬よりはマシだから。そういう意味では夏上等!来るなら来いって感じです。

さじをなげる 

2009/07/15 Wed 02:36 - category:日常

選挙の日の日記に書いたけど

「さじをなげる」の語源は昔、医者が患者の治療をあきらめて薬の調合用のさじを投げたことだそうです。

患者かわいそう。


朝からマウンテンバイクで 

2009/07/14 Tue 09:50 - category:日常

自転車に乗って、まだ人が少ない時間帯に走り回っています。
いつも人ごみの繁華街が閑散としているのをみると自分の占有率が上がった気がしてちょっとおもしろくなります。

↓赤坂のビル、名前は知らない
KC390045.jpg

↓赤坂御用地の門
KC390044.jpg

最近ホントにひどい。 

2009/07/12 Sun 23:50 - category:日常

きょう、東京都議選挙の投票がありました。

若者の投票率の低下が問題になっていますがそんな状態では若年層の民意が政治に反映されません。ただでさえ、高齢化によって老年層の票の割合が大きくなっているのに僕らの世代が投票を怠ると、この世代の票田としての価値が低下し、政治家さんも若年層のために何かしようなんておもわなくなるじゃないか。 と思います。



そして、今日


よし、投票に行こう! 

と思って駐輪場に行ったら、僕の自転車があるべき場所に僕の自転車がない。頭の中で、自転車の形の点線が再生されるが、肝心の点線の中身がどこにもない。

まさか、盗まれたのか? でもあんなカゴ付きマウンテンバイク盗むやついるのか? 困ったなぁ。

と考えたが投票時間がもうすぐ終わりそうだったのでひとまず徒歩で投票所の小学校へ。投票を済ませて、帰路で昨日の記憶を呼び起していて、ふと思う。

昨日自転車で出かけたはずなのに、帰り道の脳内映像が、コンビニのビニール袋を片手にラジオ番組の音声を聞きながら、歩いて帰る自分。あれ?

あまり確証のようなものは浮かばないが、よく行く一番近いコンビニに行ってみるとあっさり発見。
よかった。


いや、見つかったのは確かに良かったのですが、普通は思い出した瞬間に「そこだ!」というアハ体験的なものがあるはずなのに今回は全然違って、全く確信がなく「コンビニでまた点線だったらどうしよう?」とずっと思っていました。というか発見した瞬間も「これホントに俺の?」と疑う始末。



どうやら、皮肉にも僕の脳に限っては自分の想像以上に高齢化が進んでいたようです。

すべてのことにサジを投げよう。そして、あとで回収しよう。
そう、おもいました。

FF中 

2009/07/11 Sat 10:33 - category:日常

FF始めてみました。

初代ファミコン版なので実に素朴。でもそういうところが好き。

キャラ選択したらいきなりこれ。
KC390038.jpg



そして、最初のボス倒してからオープニングテーマが始まる。こういう演出はやっぱり斬新だったんだろう。
KC390040.jpg


この時代のゲーム製作には、カリスマがたくさんいたんだろうと思います。
植松伸夫はジブリにおける久石譲といってよい。





画質や音質が落ちたからといって面白さが落ちることは全くない。むしろ、面白さの核が伝わる気がするのです。

満月 

2009/07/07 Tue 23:35 - category:日常

満月の夜はベランダからビル群(群ってほどでもないか?)といっしょに月を見ることにしています。

きょうは満月なのに雲が多くて残念です。いいカメラがないので写真も載せられんけど。


最近は学校でこんなことをやっています。

KC390042.jpg


配線がスパゲッティ状態・・・。これだけやって、できるのは8ケタの足し算一回ですよ。。

マンガ「リアル」 

2009/07/06 Mon 19:43 - category:何かの評価

リアル (1) (Young jump comics)リアル (1) (Young jump comics)
(2002/09/18)
井上 雄彦

商品詳細を見る


5巻まで読みました。
スラムダンクの面白さとはまた違ったものを味わえる気がする。やはり青年誌っぽい。でも、バガボンドもそうだけどちょいちょい小ボケを入れてきている感じがある。そういうの無しのやつも読んでみたい気はする。


最近の僕の漫画事情はブックオフで105円になるのを待って見つけ次第即買いという方針になっています。
というか詳しく言うと
レベル1はブックオフで立ち読みだけ。
レベル2は105円なら買い。
レベル3はブックオフにあったら買い。
レベル4は書店で新品即買い。
レベル5はamazon予約。
(リアルは3で買ってもいいかもと思う)

とはいえレベル4,5が発動することはそう多くない。家にある冊数で一番多いのはレベル2かな。それは学生であればこそなのかもしれない。

収入があれば、本一冊なんて値段を気にせず買えるんでしょうな。この「気にならない」という感覚がとてもリッチに思えます。うらやましいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。