自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

やっと届いた!! Scientific American 

2010/01/26 Tue 10:19 - category:日常

PAP_0001.jpg


昨年末の話になりますが....。


ずっとまえから購読しようと思っていたアメリカの科学雑誌Scientific American(略してSciAm). 日本では翻訳版が「日経サイエンス」として出ています。
10月頃にお試し版の請求をしてみたものの、全然届かんなぁと思って時が過ぎていました。そして、12月にようやく到着!


うーん。当然ながら全部英語だ。大丈夫なんだろうか。いろいろ不安でしたが、ちょっとずつ興味のあるところだけ読んでいます。科学系の単語もなんとか覚えたいし、理系なら科学英語わかってないとね。でも実際、一番のモチベーションは記事が面白いからなんだよね。


なんとなくNewtonを昔から読んでたんですが、一度面白そうな記事を見つけて、日経サイエンスを買ってみたら、その内容の差に驚いて、以来あまりNewtonは読んでいません。そして、日経サイエンスはSciAmより2,3ヶ月遅れるし、何よりSciAmのほうが断然安いので、(月刊で年間44ドルって安すぎ!) 英語の勉強も含めて、定期購読しちゃおうと言う気分なのであります。

やっぱり一般向けの雑誌なので、専門分野の論文ほどマニアックじゃないし、わかりやすく書かれているし、興味を持たせるトピックになっているしで、まぁ読めるかなぁという感じですね。


気楽に頑張ります。

スポンサーサイト

映画 2009年に観た映画と個人的賞 

2010/01/16 Sat 13:09 - category:映画

昨年、こんな映画を観てきました。

2009年に観た映画。
邦画
歓喜の歌
メゾン・ド・ヒミコ
エリ・エリ・レマ・サバクタニ
大阪ハムレット
おくりびと
ホノカアボーイ
重力ピエロ
ガマの油
ディア・ドクター

洋画
トラフィック
カポーティ
マラノーチェ
パラノイドパーク
画家と庭師とカンパーニュ
ラースと、その彼女
バンクジョブ
その土曜日、7時58分
12モンキーズ
未来世紀ブラジル
ガタカ
エレファント
MILK
路上のソリスト
スラムドッグ$ミリオネア
エル・スール
ミツバチのささやき
ウェディング・ベルを鳴らせ!
それでも恋するバルセロナ
扉をたたく人
愛を読むひと
人生に乾杯!
サンシャイン・クリーニング
僕の村は戦場だった
惑星ソラリス
ノスタルジア
湖のほとりで
夏時間の庭



とりあえず、2009年に観てこの日記に感想を書いた映画たちです。
そういえば、他にも黒沢作品や、たけしの作品などいろいろ見ていたけど忘れていた。あとエヴァも観たなぁ。

私が勝手に観た映画なので必ずしも2009年の映画にはなっていないので注意。

総評
名画座に行っているせいで、かなりかたよった作品になっていることはいなめませんね。基本的にはギンレイホールとDVDで観ました。邦画少ないなぁ。
若干マニアックかと思われますが、そこは趣味の世界なので理解してください。







というわけで、作品賞だけやりましょう。

2009年"オレ的"映画祭
邦画
1位 ディア・ドクター(そのときの記事
2位 おくりびと(そのときの記事
3位 重力ピエロ(そのときの記事

「ディア・ドクター」は私の中ではもう断トツでしたね。あと、今気づいたけど「おくりびと」は2008年の映画なんですね。名画座で観ると数カ月遅れになるので仕方ないですが。去年の日本アカデミー賞をとっています。作品賞だけと言いながら、やりたくなったので主演男優賞を決めるなら、やっぱり「ディア・ドクター」の鶴瓶かなぁ。主演女優賞はよくわからん。

洋画
1位 ミツバチのささやき(そのときの記事
2位 ガタカ(そのときの記事
3位 湖のほとりで(そのときの記事

こちらも1位は断トツでした。古い映画で申し訳ないけど。それに「ガタカ」もそんなに新しくないな。3位は結構、団子状態で、「惑星ソラリス」「人生に乾杯!」「パラノイドパーク」「未来世紀ブラジル」「MILK」あたりも同じくらい良かったな。俳優の賞としては、女優は「ミツバチのささやき」のアナ・トレント。男優は「カポーティ」「その土曜日、7時58分」のフィリップ・シーモア・ホフマンですね。





ちなみに日本の映画賞ではどうなっているかというと
日本アカデミー賞

第31回ヨコハマ映画祭2009年日本映画ベストテン

第31回ヨコハマ映画祭2009年日本映画個人賞


両方で違っているところがあるのがおもしろいですね。個人的趣味では、ヨコハマの方が自分に近い気がします。
以下、思ったこと。
共通して、新人賞に岡田将生が入っています。僕は、「ホノカアボーイ」と「重力ピエロ」を観ましたが、そこまで印象に残っていません。ピエロにかんしては、加瀬亮の演技の方がずっと印象的でした。まぁ、新人じゃないけどね。

「空気人形」の監督さんの映画は実は去年、「誰も知らない」「歩いても歩いても」を観ていました。感想書くの忘れてた。歩いても・・は結構いいよ。誰も知らない も演技のさせ方がとても面白い。

ヨコハマの主演男優賞に堺雅人が入っているがそれほどか? 「南極料理人」の方しか見てないけど。(2010年に入ってから観ました)いや、映画としては面白かったけど。今度感想書きます。

「ディア・ドクター」「ガマの油」の八千草薫は確かにおもしろい。

どちらも「ディア・ドクター」から助演男優を選んでいるのだが、アカデミーが研修医役の瑛太なのに対し、ヨコハマは刑事役の松重豊。うーん、ヨコハマの選ぶ人はわかっている。というより僕に合っているというだけだが。でも、ディア・ドクターはホントに全員演技すごいからねぇ。

そういえば、これもあったね。
2009年 第83回キネマ旬報ベスト・テン
こうしてみるとやっぱり、アカデミー賞は僕にとっては微妙です。

というわけで最後に
観とけば良かった大賞
サマーウォーズ
剱岳 点の記
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
空気人形
グラン・トリノ
インスタント沼
愛のむきだし
母なる証明

実は「空気人形」は先日、原作のマンガだけ読みました。サマーウォーズは話題になっていたようですが、行ってません。DVDとかで観よう。グラン・トリノはエガちゃんも強く勧めていたので観たいな。少なくともスラムドッグ$ミリオネアよりは面白そうな気がする。「愛のむきだし」は全く知らなかったんだが、何かいな?と思って調べたらAmazonのレビューでかなり点が良かった。観てみたい。あと、同じく「母なる証明」。




といった感じです。暇な人は「ディア・ドクター」を観てみてください。ただ、観終わって明るい気持ちにはなれないかもしれないのでそこは注意ですが。そして面白かったら、感想聞かせてください。


では。
-- 続きを読む --

テーマ: 見た映画 - ジャンル: 映画

映画「湖のほとりで」「夏時間の庭」 

2010/01/01 Fri 18:26 - category:映画

ギンレイホールで12月3週ぐらいに見ました。

湖のほとりで [DVD]湖のほとりで [DVD]
(2009/12/25)
トニ・セルヴィッロ

商品詳細を見る

刑事の視点で描く殺人事件の話。メインがトリックじゃなくて、心理面に置いてあるミステリって好きな気がする。これも動機の部分に重いものが隠されていて、展開の途中でそれに気付かされる作品だった。それと、刑事自身も、同じような問題を自分の身に含んでいるのがいいね。こういう描き方も多い気がする。音楽の付け方も面白かった。良い映画でした。



夏時間の庭 [DVD]夏時間の庭 [DVD]
(2009/11/28)
ジュリエット・ビノシュシャルル・ベルリング

商品詳細を見る

兄弟が成長していって、古い実家と貴重な財産をどうするかと言う話。まぁ、フランス映画っぽいゆっくり穏やかな雰囲気。そんな感じかなぁという終わり方でした。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

映画「僕の村は戦場だった」「惑星ソラリス」「ノスタルジア」 

2010/01/01 Fri 18:05 - category:映画

12月12日。初めて、新文芸坐という池袋の映画館に行った。
土曜日の夜は、オールナイト上映でタルコフスキー3連続。結構疲れた。正直なところ、ロシアの人っていうこと意外あまりよく知らなかった。でも、下調べせずに作品のみから感じられることを感じるのが好きなのでそれはそれでよい。

何の前知識も持たず、一人きりで、しかも初めての映画館に行くというのは勇気が要ったけど、良い経験になりました。

三作通じての感想は、映像が綺麗。表情を丁寧に撮っている気がする。水の表現にこだわっている。など。何かほかの作品も見てみようかな。



僕の村は戦場だった [DVD]僕の村は戦場だった [DVD]
(2006/03/24)
ニコライ・ブルリャーエフニコライ・グリニコ

商品詳細を見る

最初、少年が登場するところの演技が印象的だった。が、メッセージ性などについてはあまりわからなかった。対岸の敵地に渡って、水の中を忍び歩きするシーンで水を綺麗に撮っていた。



惑星ソラリス [DVD]惑星ソラリス [DVD]
(2002/12/16)
ナタリア・ボンダルチュクドナータス・バニオニス

商品詳細を見る

SFの大作。これは結構おもしろかった。超常現象が起こる宇宙船でいろんなことが起きてどうするかという話。なんか途中で近未来イメージとして日本の高速道路がでてきたのが興味深い。それで最後に「えっ、それもかぁ?」と言うオチ。三時間近くあったのでさすがに疲れたな。ところどころ謎が残った演出もあったと思うけど、それも良かった。
これもやっぱり水。




ノスタルジア [DVD]ノスタルジア [DVD]
(2002/11/22)
オレーグ・ヤンコフスキーエルランド・ヨセフソン

商品詳細を見る

23:00から見始めて、この時点で4:00すぎぐらいになっていたのできつかったけど、頑張って見る。でも、その疲れを差し引いても、ノスタルジア意味分からん。全然わかんねぇ。まぁ、3作のなかで映像は一番綺麗だったんだけど、とにかくただ話が流れるだけで、前知識なしでは何が言いたかったのか本当にわからなかった。次見たら、わかるだろうか。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。