自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

マンガ「東京怪童」 

2010/02/28 Sun 06:36 - category:何かの評価

東京怪童 1 (モーニングKC)東京怪童 1 (モーニングKC)
(2009/06/23)
望月 ミネタロウ

商品詳細を見る




読んでます。妙にイイ。シンプルで表情の薄い絵なんだが、強く印象に残る感じ。
スポンサーサイト

テーマ: 漫画 - ジャンル: アニメ・コミック

Amazonのアフィリエイト 

2010/02/27 Sat 17:57 - category:このブログについて

商品や映画の感想などを書くときは大体Amazonの広告を貼りつけるようにしているのですが、別にそれで儲けようという意図はありません。

紹介するときに画像があった方がわかりやすいし、Amazonならレビューも見れるからいいかなとおもって貼っています。商品名で検索できて便利だし、勝手に画像貼るのは著作権とかどうなのかな?とも思うし。そもそもこんなアクセス数の低いサイトでアフィリエイトやっても意味ないしね。

なので、商品紹介料が発生したことは今までは一度もありませんでした。



だが、しかし


先日Amazonからメールがきて、「なんか売れたらしいので152円やるよ」と言われました。実際はそこまでフランクじゃないけどね。でも、1500円くらいたまらないと換金できないそうです。

まさか、こんなひとり言の日記集みたいなサイト経由でモノが売れるとは思っていませんでした。なんか面白い。これからも貼っていこうと思う。

企業見学行ってきた 東芝 

2010/02/26 Fri 01:32 - category:日常

いろいろなところ見学に行ったけど、やっぱり日本の大手メーカーって雰囲気似てくるよなぁ。

せっかく開発から宣伝・販売まで同じ会社でやってるのに部門間の連携がとれてない印象を受ける。別に東芝がそうだってわけじゃなくて、日本企業のうち大きなものはその感じが強い。

曖昧に垂直統合型の製造業やるぐらいなら、ファブレスメーカーとファウンドリの形みたいにバラバラにやってしまえばいいと思う。逆に連携をきちんと取れるなら、それこそが垂直統合型の強みだと思うんだけどねぇ。


階層化するっていうことの利点はそれぞれの層では、ひとつ上とひとつ下の層とのやり取りだけ考えて、後は自分の層の効率化に専念すればいいってことなんだけど、そこのコミュニケーション部分がうまくいかないと逆に効率を損ねる。階層間のやり取りには制約が付随することも多くなるし。それを解決するために、全体を見通した計画のもとで、コミュニケーションをとりやすい形というのが垂直統合型のやりかただと思う。


僕の学科でやっていることで言えば、コンピュータアーキテクチャの階層(アプリとOSとCPU&memoryとか)やOSI参照モデルなどですが、階層化とかモジュール化っていうのは世の中のいろんな局面に存在すると思う。会社などの組織もそうだし。その構造を維持してうまく動かすのは結構難しい。

企業見学に行ってきた ザインエレクトロニクス 

2010/02/26 Fri 01:32 - category:日常

ザインエレクトロニクス。
東芝をやめてベンチャーを興した社長の話が面白かった。

少数精鋭。
ファブレスメーカーなので頭脳だけが財産なのだ。

「人資豊燃」人と資源を燃やして(熱中して周りが見えなくなるくらい)、成長するような場を作ることが経営の核だそうです。

途中、会社の保有する社員一人当たり資産などを他社と比べた図が出てきて面白かった。他社名は微妙にわかるように伏せてあった(笑)


ファブレスファウンダリのビジネスモデルとIDM(垂直統合型デバイスメーカー)を対比した話も面白かったな。もうほとんど、講演みたいな感じだった。

本「不道徳人間講座」 

2010/02/25 Thu 01:11 - category:何かの評価

不道徳教育講座 (角川文庫)不道徳教育講座 (角川文庫)
(1967/11)
三島 由紀夫

商品詳細を見る



最近というか、ちょっと前にかってちょっとずつ読んでます。
不道徳な教えを説くエッセー集。

ありがちでない、というか一般的に薦められないことをバンバン薦めて最後の最後でうまくまとめる、その文のうまさは天才。
しかも、昭和42年刊なのに今も通じる話でしかも、語り口が面白く、わかりやすい。
はずかしながら三島由紀夫の小説読んだことないんだけど、これの最初の2、3個のエッセー読んだ段階でやっぱり天才なんだこの人と思った。いや、ホントですよ、これは。


↓参考までに題名をちょっとメモ
「大いにウソをつくべし」
「友人を裏切るべし」
「女には暴力を用いるべし」
など... 無茶苦茶だよ。


とっとと全部読もう。

映画「ポー川のひかり」 

2010/02/24 Wed 20:58 - category:映画

先週、ギンレイホールで観ました。

Amazonに無かったので公式ページ貼っときます。
http://po-gawa.net/
監督は「イタリア最後の巨匠 エルマンノ・オルミ」だそうです。


いやぁ、これ結構良かったよ。
高名な哲学教授が、大学図書館の大量の書物に釘を打ち付けて失踪。その後すべてを捨てて、ポー川のほとりで、静かな生活を始める。そして、どうなるか、と。


なんか「うなぎ」(今村昌平)にすごく似てるなぁと思った。

1対1の語りが印象的。

警察官と主人公の会話
主「今までに、読んだ本は10冊くらい?」
警「今までと言われればそうかなぁ。」
主「それで、満足か、足りないか?」
警「そんなこと考えたこともないな。」
主「すると満足していたと言うことだろう。しかし、私は今までの生活すべてを本に捧げてきた。なのにいっこうに満足できない。」
警「しかし、先生は私より物知りだ。」
主「本で得られることより、わたしは友人と飲むコーヒーが欲しいんだ。」

司祭と主人公の会話(司祭は主人公の師匠的な存在)
司「わたしは、あの本すべてを愛していた。本は神の与えられたものなのだ。」
主「神は本を書かない。」
司「神を冒涜するのか。君は最後の審判において釈明することになるだろう。」
主「神こそ、人生の苦悩について釈明するべきだ。」

生きる意味は、日常の生活のなかにこそ宿る。かっこいい。


追記
ただ、結末はもうちょい明るくても良かったんじゃないか?

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

映画「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 

2010/02/21 Sun 07:36 - category:映画

ギンレイホールで今週観た。

ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]
(2010/03/17)
アン・ハサウェイジェームズ・マカヴォイ

商品詳細を見る



18世紀の女流作家の伝記的な話。代表作「高慢と偏見」は一応名前だけ知っていた。この映画では「愛のない結婚(生活は安定する)をするか、愛に身を投げ出すか」っていうのが、大きなテーマだったと思う。

それなりにまとまった話だったが、そんなに感動するもんでもなかった。でもたぶん、それは私のツボが違っただけだと思う。そんな気がする。




テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

引き続きSEIYUの広告が気になる 

2010/02/20 Sat 06:41 - category:日常

なんか気になる。

問題はSEIYUのTVCFなのです。

CF中の挿入歌が、歌詞上は


「西友にとりあえず行けや。」

だと思うのだが、どう考えても

「西友、ニトリ、(あえず)、IKEA」


に聞こえる。なぜ他社の名前を? しかも、宣伝しているのは、まさにそれらが得意とする家具・日用品なのだ。


西友、何を狙っているんだ?



追記
ニトリ、イケアもあるけど、とりあえず西友行っとけってことらしいです。他社名バンバン出していいのかって思って驚いたけど、やっぱり西友の宣伝部はなんか持ってるな。

あと、前に書いた広告ポスター
PAP_0003.jpg


PAP_0002.jpg
この顔(^_^)

PAP_0001_20100220012618.jpg

マンガ「それでも町は廻っている 6巻」 

2010/02/19 Fri 20:38 - category:何かの評価

それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)
(2009/10/30)
石黒 正数

商品詳細を見る



最近読んでます。
若干、表紙が恥ずかしいんだけど、中身は普通に面白いです。

テレビ「ガイアの夜明け-1000円高速への逆襲-」 

2010/02/18 Thu 01:33 - category:考えたこと

2010.01.12ガイアの夜明け

内容自体はそんなに面白くもなかった。
1000円高速(プラスこれからは無料路線)の影響で、バスの乗車率が下がっているので何とか工夫しようという話。良い座席を付けたり、乗り放題つくったり、地方の産物を発掘したり。新幹線も頑張って利用を促進しようとしている。




が、


やっぱり、この政策は解せない。移動コストを減らしたらなんで景気が良くなるのか? そもそも、輸送効率の悪い乗用車を優遇して何になるのだろう。エコノミーとエコロジーの両面から間違っている気がする。乗用車よりバス、バスより鉄道の方が効率がいいのは明らかな気がするんだけどな。

最近観たい映画 

2010/02/17 Wed 14:51 - category:日常

映画 2009年に観た映画と個人的賞

に書いた「観とけばよかった映画」のうち

剱岳 点の記
グラン・トリノ
空気人形

はとりあえずギンレイホールで上映が決まったようです。ちょうどいいや。



テレビ「ガイアの夜明け-くず鉄が世界を駆ける」 

2010/02/17 Wed 01:59 - category:考えたこと

2009.12.01放送の「ガイアの夜明け-くず鉄が世界を駆ける」
を見た。結構驚きの映像もあった。


ビルの解体で鉄骨を。エコカーへの切り替えで廃車になった車を。さらには船舶の解体。
日本国内に蓄積された再利用可能な鉄の量13億トン。これは日本の鉄重要の13年分を賄える。


最初は、日本の廃車の回収からビルの鉄骨の回収などわりと想像しやすい話題が続いた。そこで、インパクトのある話→船の墓場、バングラデシュ。日本製の船が中古でいろんな所で使われて、最後に行き着くのがバングラデシュのチッタゴン。大型船がばらばらに切られて、回収されていく。全部手作業で。「エイヤッ、エイヤッ!」とかいって皆で1トンの鉄塊を運んでいく。すげぇ人海戦術。あと、その廃船の鉄を製鉄し直すところの作業員のヘルメットがバイク用のフルフェイスメットだったのがおもしろかった。


バングラデシュの船舶解体業者の責任者の言葉
「環境よりお金が大事。」
解体の際に重油が流れ出すことがあるのだが、そんなことは関係ないらしい。高度成長期を終えるまではどこの国でも環境なんて気にしてられんてのもわかる気がするが。

東京製鉄の社長の人の言葉
「スクラップが輸出されるのはもったいない。再利用で高付加価値の製品をつくることで国内で使えるようになる。」再利用の鉄で、薄い鉄板を作る技術を開発(今まで難しかった)したらしい。



切られた船の映像はホントにすごく迫力あったなぁ。実際に見れるもんなら見てみたい。

映画「私の中のあなた」 

2010/02/15 Mon 23:12 - category:映画

ギンレイホールで。2月第1週だったかな。


私の中のあなた [DVD]私の中のあなた [DVD]
(2010/02/19)
キャメロン・ディアスアビゲイル・ブレスリン

商品詳細を見る



姉のためにさまざまな臓器提供をしいられた妹が、両親を訴えるという話。単なる病気モノなのかと思いつつ観てみたら、ひとひねりある内容だった。普段はあまり気づかないけど、今回は泣いている人も結構いました。特に姉が母と一緒に寝るシーンで。結構良かったと思うけど、シーンのつなぎ方が雑な気がする。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

映画「ドゥーニャとデイジー」 

2010/02/13 Sat 19:19 - category:映画

ギンレイホールで映画。2月第1週。

「ドゥーニャとデイジー」

AmazonにDVDなかったのでとりあえず公式HP貼っときます。
http://www.dunya-desie.com/


勝手にまとめると、自分のルーツ、家族との絆、友達との絆、宗教観などが互いに干渉し合いながら、主人公は自分の生きる道を模索していくという話ですかね。主人公は友達の父親探しの旅に同行します。もとはオランダのTVドラマらしいです。

とりあえず、まぁ飽きずに見られました。笑わせる部分あり、考えさせる部分ありで良かったかな。絶賛ではないけど。主人公の心中の言葉が一番言いたかったことだろうと思います。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

これほしい「妄想コントローラ」 

2010/02/08 Mon 23:06 - category:日常

画面なしレトロゲームトイ 妄想コントローラ

おもしろ!
やっぱりネタとしてはストⅡがいいんだろうけど、スーファミ時代にゲーム機持ってなかったのでコマンドが全然わからん。かろうじて波動拳ぐらいはわかるが。

とかいいつつ、ファミコン時代のファミスタは結構やったことあったりする。しかも高校生になってからやったかな。


映画「幸せはシャンソニア劇場から」 

2010/02/07 Sun 00:14 - category:映画

ギンレイホールで見ました。1月第3週かな。

幸せはシャンソニア劇場から [DVD]幸せはシャンソニア劇場から [DVD]
(2010/04/23)
ジェラール・ジュニョクロヴィス・コルニアック

商品詳細を見る


はい。これ結構面白いです。一個まえの作品と合わせてミュージカル特集だったみたいです。フランス映画です。息子と一緒に暮らすために、かつて自分が働いていた廃業した劇場の再建に取り組む父親だが...。という話ですが、それ以外にかなり多様なメッセージが含まれています。ミュージカルって結構好きなのかもしれないと気付く。

最後のしめ方も僕的にはわざとらしくなく、いいなぁと思いました。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

電気で走る車のこと2 

2010/02/06 Sat 12:34 - category:何かの評価

録画してた1月5日放送のガイアの夜明けがEV特集でめちゃくちゃ面白かった。


テスラ・モータース
フィスカー
CT&T

どの会社もやってることがおもしろすぎる。



しかし、やっぱり役所広司じゃないと違和感あるなぁ。やっぱ監督始めて忙しいんだろうか。好きだったんだけど。

映画「ブロードウェイ♪ブロードウェイ/コーラスラインにかける夢」 

2010/02/06 Sat 10:17 - category:映画

ギンレイホールで見ました。いつだっけ? 忘れた。

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 (プレミアムエディション 2枚組) [DVD]ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 (プレミアムエディション 2枚組) [DVD]
(2009/03/27)
マイケル・ベネットドナ・マケクニー

商品詳細を見る



ドキュメンタリー映画。ブロードウェイのコーラスラインというミュージカルの再演のためのオーディションを追ったものです。コーラスラインの内容はじめてちゃんと知った気がする。かなり長期間にわたって行うワークショップ方式というオーディション方式らしいです。とりあえず、ずっと良い音楽が流れ、頑張ってオーディションで演技している姿が見られるので飽きなかった。

それほど感動的なストーリーがあるわけではないけど。それこそ、そのまま撮っただけだからね。

でも、ずっと見ていると素人目にもこの人の演技は半端じゃないなぁというのがわかってきたりするから不思議だ。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

これほしい「BuckyBalls」 

2010/02/06 Sat 00:05 - category:日常

自由自在に様々な形で連結し合う「BuckyBalls」

リンク先のYouTube動画を見れば君もほしくなるはず! (勝手にリンクさせていただきました。)

いやぁ、こういうのたくさんほしいなぁ。遊んでると時間が飛びそうだ。

映画「HACHI 約束の犬」「南極料理人」 

2010/02/05 Fri 23:59 - category:映画

ギンレイホールで。1月第1週だったかな。

HACHI 約束の犬 [DVD]HACHI 約束の犬 [DVD]
(2010/01/27)
リチャード・ギアジョーン・アレン

商品詳細を見る


悪い映画ではないんだが.....。まんまじゃねーか!!というのが率直な感想。なんかひねりがあるのかと思ったが。いや、良い映画ではあるけどね。それと、リチャード・ギア演じる教授が「ハチィ!」って英語っぽく発音するのが毎回なんか面白かった。


南極料理人 [DVD]南極料理人 [DVD]
(2010/02/23)
堺雅人生瀬勝久

商品詳細を見る


面白かった。南極の内陸部の観測基地(昭和基地じゃない。ペンギンもいない。)で研究生活をしている越冬隊の話。その中のコックさんが主人公の映画。その主役はヨコハマ映画祭主演男優賞の堺雅人です。変わったキャラクターとそうなのかぁと思わされる南極での生活の風景などが魅力的だったかな。生瀬勝久おもしろい。きたろうもおもしろい。豊原功輔(特にいいキャラ)と高良健吾(一番若い役)は「サッド・ヴァケイション」にも出ていたことを後から知りました。あと古館寛治(尾崎を熱唱する人)は初めてしったけどなんか独特だったな。それと西田尚美きれい。


結構力を入れていると思われる調理シーンの監修は「かもめ食堂」の人と同じらしい。ただ、思ったのは、この映画ではつくられている料理にではなく、作っているコックさんに焦点を当てた撮影をしているなぁということで、僕はどちらかというと前者のほうが好きなんだということがわかった。


あと、やっぱり料理は食べるシーンよりも作るシーンの方が食欲をそそるし面白い。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

電気で走る車のこと 

2010/02/04 Thu 22:00 - category:何かの評価

テスラ・モーターズが株式公開申請--「モデルS」予約はすでに2000台
テスラモーターズ by Wikipedia

日産の電気自動車『リーフ』試乗レポート

三菱・i-MiEV by Wikipedia

記事の内容は僕自身詳しく読んでないんだがWikipediaにあるTesla Roadsterの写真と国産の電気自動車の写真を見比べてほしい。どちらがいいかもどちらが売れるかもわからないが考えていることが明らかに違う。Tesla Roadsterが音もなく200km/hで疾走する光景を想像するとわくわくせざるを得ない。同じく慶応のエリーカもおもしろいかな。

別に他の電気自動車の方向性を批判するわけじゃないが、「エコ」という言葉の持つ印象に縛られて画一的なものしか出てこなくなったら面白みがないと思う。もちろん、Roadsterにしてもいままでの車の形でそのままつくってみましたって感じはある。

でも、電気自動車になると製造工程がとてもコンパクトになってしかもモジュール性が高まるので小規模なところでも十分開発していけるという点を考えると、これからもっと多様なものが出てくる気はする。


テスラモーターズだって設立2003年だゼ!?









追記
新興企業すごいとおもったらフェラーリもハイブリッドかぁ。すごいな。
フェラーリが「お財布にやさしい」ハイブリッドモデルを発表

あと、プリウスのブレーキが結構問題らしい。回生ブレーキとの切り替えがうまくいってないんだろうか。

最近の音楽生活 

2010/02/03 Wed 07:20 - category:何かの評価

最近はこれ

コラージュコラージュ
(2008/07/30)
joy

商品詳細を見る


をiTunesで買いました。


最近はインディーズバンド視聴サイトでイイと思えるものを探しています。これも多分インディーズなので知っている人はほとんどいないかも知れませんが。むしろ、ライブとか行きたいな。

myspaceのオフィシャルで試聴できるようです。
http://www.myspace.com/joyjoyjoymyspace

「Anecdote 」から「双曲線」にいたるあたりが好きですね。

テーマ: 音楽 - ジャンル: 音楽

東京で雪が降ったことに関する報告 

2010/02/02 Tue 06:20 - category:日常

KC390073.jpg


昨日の雪。


ひさしぶりに本格的に降ったと思う。


ちょっと積もった。


自転車でドリフトしながら帰りました。









追記ですが、朝いろいろ写真撮ったので。

KC390078_20100202222542.jpg



KC390079.jpg

西友のポスターが面白い。「9憩」 

2010/02/01 Mon 10:27 - category:日常

家の近くの西友にたまに行くんですが、そこでよく面白いポスターを見かけます。

これ。(勝手にリンクさせていただきます。)
「9婚・9憩・9眠」 PRIDE OF WestSaitama

ぼくがみたのは上のリンク先の2枚目の「9憩」のポスターで、エスカレーターで地下の食品売り場に降りる途中に貼ってあって、見つけたときに「何かおもしろいなこれ」と思って、下りエスカレーターを少し上って眺めてしまいました。「9婚」「9眠」もあったんですね。


9千円台で生活を提案するのがテーマみたいです。
写っているものが少なくとてもシンプルなのですが、なんか異様に印象に残ります。なんでかわからんが妙にイイのです。
「なんとなく」を無理やり説明すると...。この外人さんの表情が面白い。あとなんで座布団の数がこんなに違うのか。一万円を額に貼っている。しかもシワのついた。あとふにゃふにゃの文字。



以前「KY」をカカクヤスクとしてテーマにして広告をしていたことも思い出しました。それを考えると世の中の言葉や雰囲気をきちんと反映してつくっているようにも思えます。
今回のは「9婚・9憩・9眠」のセットなので「婚活」プラス「不況」を反映しているのかなぁ?


このポスターを作っている人は僕にはわからない何かを確実に持っている。確実に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。