自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 

2010/03/09 Tue 04:35 - category:映画

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [DVD]ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [DVD]
(2010/03/17)
ダニエル・デイ=ルイスポール・ダノ

商品詳細を見る


DVD借りて観ました。

ストーリーとしては、アメリカっぽいな。金銭的成功とその影とか、契約の罠とか、家族とか、信頼とか。人をまず疑ってかかるというスタンスがアメリカのいいところでもあり、悪いところでもあるよねーと思った。本作は、成功していって信用とか信頼とか絆とか捨てちゃうんだけど、別にそれが良いとか悪いとかは言ってない。それでいいと思う。

牧師の青年イーライ役のポール・ダノは注目すべき役者だと思った。最近観た映画でまだ感想書いてないけど「リトル・ミス・サンシャイン」の主人公の兄役もやっていて、ともにぶち切れた演技が魅力的。もっと出てきてほしい。
スポンサーサイト

テーマ: 見た映画 - ジャンル: 映画

映画:新文芸坐オールナイト、シュバンクマイエル特集 

2010/03/09 Tue 03:26 - category:映画

ちょっとまえに新文芸坐のオールナイト上映(今回はヤン・シュヴァンクマイエル特集)に行ってきました。
↓こういう人です。
ヤン・シュヴァンクマイエル

映画の世界では有名なので、なんとなく名前は聞いたことがあったけど、実際映画を観る前はwikiの内容すら知らなかった。というかむしろ、前知識を入れると良くないことが多いのであえてあまり調べたりせずに映画館へ。そのせいもあり、全体を通して新鮮な印象を得られたと思う。


感想
第一部
「自然の歴史」
いろんな生き物が出てきて最終的に人間が肉を食うというもの。書いていて意味がわからんことに気づいた。でもそういう映画です。くっている肉が全部同じなのはなぜだろう? あと飲み込むの早い。

「部屋」
荒木飛呂彦の「死刑執行中脱獄進行中」の元ネタであることに、上映中に気づいて、うわっ!! マジか...。 と思った。ラストこそ違うものの、釘にひっかかる服とか、穴が開いたスプーン、曲がったフォーク、壁に穴が開いたと思ったら反撃される....  ホントにそのまんまやん。少しは、本の解説に書いておくべきだと思う。

「対話の可能性」
粘土などを使ったコマドリアニメ。メッセージ性を強く感じる。

「地下室の怪」
少女が地下室に食料を取りに行くんだけど、地下室に怪しい住人が住んでいて、変なベッドとか変な食べ物を薦めてくる。食べ物がきたない。

「名前わからんけどサッカーのやつ」
これは完全にイッちゃってる。酒を飲みながら男がサッカーを見ているんだけど、ルールが相手チームのプレーヤーを一人倒したら一点になっていて、殺し合いが始まる。で、死んだら観客が「ワーーッ!」って声援を送る。なんかもう何でもありだな。笑える。

休憩挟んで

第二部
長編「ルナシー」
精神病の病院とか治療法とかをテーマにしたもの。けっこうきつい。価値観が尋常じゃない伯爵が出てくる。精神病患者に完全な自由を与える方法と強制と矯正を行う方法を対比している。きついけど面白かった。
肉片が動くシーンが各所に挿入されているんだが何だったんだろう。調べたら2005年公開だった。すげぇ、けっこう最近だ。

第三部
ほとんど寝てました。

第四部
長編「オテサーネク 妄想の子供」
これは普通におもしろいです。食っている料理が相変わらずウマそうじゃないけど、それに夫人は狂ってるけど、全体を通して他の作品よりはとっつきやすいと思います。最後の終わり方も結構好きでした。ストーリーはamazonのレビューを見てください。

オテサーネク [DVD]オテサーネク [DVD]
(2002/10/25)
ヴェロニカ・ジルコヴァーヤン・ハルトゥル

商品詳細を見る




全体を通してシュヴァンクマイエルの印象をいうなら、狂気、食べ物(汚い)、気持ち悪さ、といった単語が浮かびます。
ぼくにとっては、ビクトル・エリセは「光と影」、タルコフスキーは「水」、シュバンクマイエルは「マズそうな食べ物」って感じです。気持ち悪さっていうのはもう少し軽い表現をすれば不思議さなんだけど、まぁそれが度を越しているというのか。普通じゃない映画を観たい気分の時は、この人の長編は観てみるといいと思います。短編は完全に置いていかれる可能性があるので。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

本「影が行く」 

2010/03/05 Fri 02:16 - category:何かの評価

影が行く―ホラーSF傑作選 (創元SF文庫)影が行く―ホラーSF傑作選 (創元SF文庫)
(2000/08)
フィリップ・K. ディックディーン・R. クーンツ

商品詳細を見る



ホラーSF短編集です。とりあえず、表題作の「影が行く」だけ読みました。映画「遊星からの物体X」の原作です。どちらかというと映画を観たい気持ちが強かったんだけど、ブックオフで安く売ってあったのでかってみた。


南極の観測基地で凍結した地球外生命体らしきものを発見した隊員たち。調査のため解凍しようとするが、"それ"は再生して、地球上の動物と同化し始める。一体だれが人間で、誰が人間に化けた怪物なのか。隣の同僚が化け物かもしれないという緊張感は結構読んでいて面白い。

映画も観たいなぁ。最近ちょっと古いSFブームが自分の中に起こっている。



追記
フィリップ・K・ディックの「探検隊帰る」も読みました。短いながらもおもしろかった。ディックはブレードランナーの原作を読みたい気分です。

テーマ: SF小説 - ジャンル: 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。