自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

映画「オーケストラ!」 

2010/11/19 Fri 18:14 - category:映画

オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/11/04)
アレクセイ・グシュコブメラニー・ロラン

商品詳細を見る



ギンレイホールで、10月第5週。
フランス映画。

うん。これいい映画でした。
ソ連時代に解散させられたオーケストラの指揮者が主人公。劇場の掃除夫として働いていた彼はある日、劇場に送られてきたパリでの演奏会依頼のFAXを盗み出した。そして、現在の楽団になりすまして公演を行う計画を立てる。
彼はソリストにある女性を選ぶがそれには過去の重大な因縁が関係していた。

話の軸として、現在の偽オーケストラ結成と過去のオーケストラの解散にまつわる出来事の2つが絡んでくるんだが、その辺の演出がうまいな。

メラニー・ロランきれいですね。「イングロリアス・バスターズ」見ないとな。
スポンサーサイト

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

この安定感。 

2010/11/18 Thu 21:25 - category:どうでもいいこと

案の定、今日も東から太陽が昇った

遅刻するのはわかっていたけれど
それでも真面目な学生を装うべく慌てて学校へ向かった

僕は割と普通の人間であり
周囲の環境も割と普通なので
大抵は普通のことをしている


他の国には
今まさに敵の完全被甲弾が胸を貫いて
膝から崩れ落ちる少年兵がいるかもしれないし
他の星では
額に乗せたプリンを手を使わずに食べることに成功した人物に
国民栄誉賞が授与されているかもしれない


それほどの、
それほどの可能性が世界にはある

それでも
おそらく、明日も太陽は東から昇り
僕は眠いのに学校へ行くだろう




それほどに世界は平和なのである





乱れろよ

映画「春との旅」 

2010/11/12 Fri 00:03 - category:映画

春との旅【DVD】春との旅【DVD】
(2011/01/21)
仲代達矢徳永えり

商品詳細を見る



ギンレイホールで観ました。10月第3週かな。



二人で暮らしてゆくことができなくなった、じいちゃんとその孫は、じいちゃんの世話をしてくれる親戚を探しに旅に出る。が、当然うまくいかない。じいちゃんは割とわがまま。

展開がちょいグダグダ。ずっと、場所は移っていくんだけどあんまり引きつける展開ではなかった。
父親とのシーンあたりは結構よかったかな。

そして柄本明最高。おもしれぇわ、この人。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

デジタルコンテンツのこと 

2010/11/11 Thu 01:12 - category:考えたこと

宇多田ヒカルがプロモーションビデオをYouTubeに一挙公開、なんとフルコーラスで視聴可能に


↑このような流れになっていくんでしょうね。やはり。前の自分の記事でもかいたけど。

今回のは、すでに十分売れていて余裕があるからできたのでしょう。でも、これからは売れてなくてもこういうやり方になっていく気がする。

映画「パーマネント野ばら」 

2010/11/10 Wed 23:43 - category:映画

パーマネント野ばら [DVD]パーマネント野ばら [DVD]
(2011/01/07)
菅野美穂

商品詳細を見る






ギンレイホールで観ました。10月第3週かな。

離婚後、母が経営する片田舎の床屋で働くシングルマザーの恋とかなんとかの話。まぁまぁ面白かった。楽しそうにしながらも、登場人物みんなが寂しさを抱えていた気がする。


それにつけても菅野美穂がかわいい。ちょっとこの年齢では尋常じゃない、と思ったけど今調べたらまだ33歳なのか。(ヌード出したのって20歳の時だったのか!? 若っ!!)うーん、それならちょっと納得するけど、それにしてもすごく若く見える。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

映画「マイ・ブラザー」 

2010/11/09 Tue 19:32 - category:映画

「マイ・ブラザー」韓国の方ではなくアメリカ映画です。

マイ・ブラザー 公式




ギンレイホールで。10月の頭。
これはいい映画でしたね。


デンマーク映画「ある愛の風景」のリメイク。こっちは観たことないけど。

良い夫であり良い父である兄と刑務所を出たばかりのどうしようもない弟。軍人である兄は海外に派兵され、ある日、兄の家族と弟は兄が現地で戦死したと聞かされる。そのとき、兄の妻とその娘を支えたのは弟だった。なんとか精神的安定を取り戻そうとしていた中、死んだはずの兄の生存が判明するが、帰国した兄は心に大きな傷を負っていた・・・。大体こんな話。


兄役トビー・マグワイアの真面目で強靭ながらも繊細な人物の演技は結構良かったな。精神が壊れていく様がね。それと、ナタリー・ポートマン。この辺はもう言うまでもなく演技が安定している。ジェイク・ギレンホールは「ブロークバック・マウンテン」以来に観ました。

終盤の「えっ? そこで終わるの?」って感じがイマイチだったけど、全体通して見ればかなり完成度高いなぁ。
デンマーク映画とか珍しいのでリメイク元観てみたいなと思ったけど、今予告編見てみたら、ほぼ100%コピーなんだな。それってリメイクする必要あるの? 国内で知名度の高い俳優がやった方が儲かるから? 外国映画として観賞したほうが文化的には良くねぇか?



この前行ったタルコフスキー特集の感想を書くためには、もうすこし感想記事の在庫を減らさないといけない。暇を見つけて書かねば。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

映画「新しい人生のはじめかた」 

2010/11/07 Sun 21:28 - category:映画

新しい人生のはじめかた [DVD]新しい人生のはじめかた [DVD]
(2010/08/06)
ダスティン・ホフマンエマ・トンプソン

商品詳細を見る


やっと、東京に戻ってきた後の映画の感想に入ります。

ギンレイホールにて。多分10月の頭。
最近観た映画なのに恐ろしいほど内容を覚えていない。えっと、音楽関係の仕事をしている主人公がいて、娘の結婚式(母親とは離婚)に出席するためにイギリスに行くんだけど、元妻の新しい夫がすごい溶け込んでて疎外感を感じて辛い気持ちになってるときにある女性に出会う。


悪い映画じゃなかったんだけど、だからといって何なのだ?という感情が残った。

テーマ: 映画館で観た映画 - ジャンル: 映画

映画「DISTANCE」 

2010/11/07 Sun 18:29 - category:映画

DISTANCE(ディスタンス) [DVD]DISTANCE(ディスタンス) [DVD]
(2002/06/25)
ARATA伊勢谷友介

商品詳細を見る



8月か9月に地元のテレビ局で深夜やっていたのを観た。是枝監督作品をテレビでやるっていうのはあまりないのでうれしい。


新興宗教の信者でテロを起こした後に死んだ実行犯たちの遺族数人が、毎年供養のためにある深い森の中の湖にやって来る。が、帰る段になって唯一の移動手段の車が盗まれていることが分かった。日も暮れかかる中、仕方なく元信者の男とともに教団の旧共同生活小屋に泊まることになった・・・・。


うーん、結構シリアス。「誰も知らない」と同様に、是枝監督の特徴(最近はそうでもないが)の演出しない演出が炸裂している。素の人間が本当にその場でやりそうなことをやり言いそうなことを言う。台本自体は結構ちゃんとしてるんだろうけど、何かホントに演技じゃなく見えるのはすごい。ちょっと調べたら、セリフは自分の分しか書かれていてなくて、相手がどう動くかは役者自身も知らされてなかったらしい。

夜中にひとりで観るとかなり物語の中に持っていかれる感があってよかった。まぁ、最後の終わり方がかなりあっけなかったなと思う。

役者は本当に全員最高なんだけど、なかでもARATA、浅野忠信、伊勢谷友介とその兄役の津田寛治がよかったな、りょうもよかったな。


是枝監督のはまだ観てないのいくつかあるから早めに観たいなぁ。でもDVD借りて観るほど時間ないなぁ。

テーマ: 見た映画の感想 - ジャンル: 映画

映画「BABEL」 

2010/11/07 Sun 18:05 - category:映画

スマイルBEST バベル スタンダード・エディション [DVD]スマイルBEST バベル スタンダード・エディション [DVD]
(2009/04/24)
ブラッド・ピットケイト・ブランシェット

商品詳細を見る



まだまだ8月にDVDで観たやつです。

一昔前、何かと話題になっていたので観たいとは思ってたんですが、観ずじまい。
遠く離れた関係のないと思われる出来事のつながり、言葉の通じない世界での人間模様を描いた作品です。聖書の「バベルの塔」からの引用で題がついているそうですが、人々は塔建設のような罪を犯しているわけではありません。違法行為ではあるけどね。

距離が離れていて、語られる時間も交錯しているので、「そういうことか。」と納得しながら観てました。すべてのシーンに寂しさが満ちている感じがしました。そして、最終的に優しさに包まれるというか・・・。魅せる映画ではあったけど、強い衝撃を受ける感じではなかったかなぁ。

好きな役者はクリフトン・コリンズJrとガエル・ガルシア・ベルナルですね。それぞれ、「トラフィック」と「モーターサイクルダイアリーズ」に出てます。ブラピは僕の中ではやはり「セブン」ですね。

それと、この映画で一気に話題になった菊池凛子は正直なところ、すごかったのかどうかよくわからない。眼力が良かったんかなぁ。二階堂智さんが意外に良かったと思う。疲れている目とか。

イニャリトゥ監督は、「21グラム」が面白そう。

テーマ: DVDで見た映画 - ジャンル: 映画

本「谷川俊太郎詩選集2」 

2010/11/05 Fri 23:35 - category:何かの評価

谷川俊太郎詩選集 (2) (集英社文庫)谷川俊太郎詩選集 (2) (集英社文庫)
(2005/07/20)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る



今、読んでる途中です。先日ネットの海をさまよっていたら、いくつか谷川俊太郎の詩が掲載されているところがあって(→コレとかコレとか)、かなりグッとくるものがあったので、買いました。


なんか、やっぱり普通じゃないわこの人。

テーマ: 最近読んだ本 - ジャンル: 本・雑誌

映画「愛のむきだし」 

2010/11/03 Wed 17:25 - category:映画

愛のむきだし [DVD]愛のむきだし [DVD]
(2009/07/24)
西島隆弘満島ひかり

商品詳細を見る



8月に観ました。

昨年のキネマ旬報ベストテンやヨコハマ映画祭で高評価だったのでいつかは観ないとと思っていた本作。結論から言うと、久しぶりの「これは観るべき」と思える映画でした。237分!!



神父の息子である主人公は幼くして母を失った。生前の母の言葉に従ってマリア様のような女性を探していたが、父の信仰心が揺れ動いた結果、父に対する懺悔を強要されるようになる。懺悔の為に罪を犯しながら過ごしていた矢先、ついにマリアが現れるのだが・・・。
って話

まぁ、この後新興宗教の絡みとかいろいろあって内容を説明しきれません。
真面目なシーンと変態的シーンを織り交ぜて作られているので合わせるのが結構大変だった。

途中、ヒロインの満島ひかり(最近結婚したそうです。)が聖書の引用をする長セリフがあるのですがその中の
「引き続き残るのは信仰、希望、愛、この三つ。
このうち最も優れているのは、愛」
という一節が、多分中心的なテーマとなっているのだと、すべて観終わってから思いました。結局愛だよねぇっていうテーマの映画はかなり多い。でも本作では表面上ハチャメチャな展開に見せかけておいて、ものすごく壮大なテーマを真面目に語っている点が他の作品との違いであり、そこにどうしても注目せざるを得ない面白さがあると思うのです。



園子温監督の他の作品もできれば観てみたい。

あとキャスティングでいうと宮台真司がゼロ教会にいたのが個人的にかなりツボでした。こんなこともやってたのかあの人。

BGMにクラシックを使っている点も面白い。ボレロ。あとベートーベンの交響曲7番だそうです。

加えて、ゆらゆら帝国の主題歌。以前友人に薦められてちょっと聞いたことがあったんだけど、そのときはあまり良さがわかっていなかった。すまぬ。あらためて聞くと、非常にかっこよく面白くて中毒性のあるグループだなぁと思う。解散する最後の曲が空洞だからなぁ。


テーマ: DVDで見た映画 - ジャンル: 映画

書くことがない 

2010/11/01 Mon 23:54 - category:どうでもいいこと

今日は内容の無い一日だった。

朝起きてみるとそれほど腹も減ってない
何も食わずに過ごしたら
昼過ぎには腹が減り
何かを食べたいと思ったので食べ
再びやることもなく
やりたいことを考えて過ごし
腹が減ったのでまた何かを食べた
そろそろ眠たくなってきたので眠るのだろう


そして僕は今この内容にとても満足している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。