自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

生きる意味とは? 究極の戯言 

2009/09/13 Sun 14:26 - category:考えたこと

生きる意味について考えてみた
別に人生相談とかではなく、単に哲学的興味からの考えです。

まず、科学を使って説明してみたい。人間を多くの原子・分子からできたマシーンだと捉える。すると人間のあらゆる意志は神経伝達物質の移動によるものだし、人間のあらゆる行動も同じく粒子の運動として記述されてしまう。量子論からすれば、その運動も確率的なゆらぎを伴うがそこは確率の最も高い結果に落ち着くだけである。そうなると、あらゆる意志・行動は物理法則によって完全に記述されてしまう(すでに決まっている)ので意味を持つとは言えない。個人的感情からすれば、こういう考えはあまりに無味乾燥である。しかも原子や法則という概念自体、人間が考え出したものだ。だから、概念に先だって人間の思考がないといけないのに、その思考に先だって粒子の移動が必要となり、無限ループとなって破綻する。

そこで、マシーン論は捨てて、人間の意志を先に認めるほかない。つまり、生きる意味を理性的に説明することをあきらめて、人間の欲求から始める。何のために生きるということではなく、「こうしたい」という意志が最初にあってそれにに従うほかないのだと考える。死ぬということは、従うべき意志がおそらく意味消失することと予想されるのでこれを回避したくなる。また、特定の意志を持たない場合でも、究極的には「生きたい」(「死にたくない」の方がわかりやすいかもしれない)という意志は存在するだろう。(もし存在しない、つまり死にたいと本気で思う人間がいるなら、とっくに死んでいるのでもう生きる意味を考える段階にはいない) 噛み砕いて言えば、何もやりたくなくても腹は減るし、眠くなる、それらが足りればセックスもしたいということだ。(ここでは「生きたい」の次に「子孫を残したい」が来る) 

結局、「何のために生きるか?」という問いは理性から生きる意味を説明しようという試みだったが、その問いに答えがないことを悟って、問いから解放されてはじめて自分の自由な意志に従って生きることができるようになる。もう、何かのためにと考える必要はなく、こうしたいと思う自分の意志を尊重すればいい。そう思う理由を考える必要も人に説明する必要もない。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://donbero.blog41.fc2.com/tb.php/104-707c70fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。