自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

映画「重力ピエロ」 

2009/09/27 Sun 01:37 - category:映画

重力ピエロ 特別版 [DVD]重力ピエロ 特別版 [DVD]
(2009/10/23)
加瀬亮岡田将生

商品詳細を見る


見ました。結構おもしろかった。

小説は読んでないので、映画だけの感想です。
原作が活字メディアなので、ストーリーはかなり練られたものだと思います。重い現実を見せつつ、各人がどう思い、どう行動するのか? 遺伝から来る宿命を家族の絆によって乗り越えることができるのか? って感じです。 

ストーリーの展開も伏線の回収もうまいと思ったけど、個人的にはちょっとモヤモヤが残りました。完全悪な人物が出てくるとちょっとせこいなと思ってしまいます。それと、終盤に弟がしたことに対する償いは本当になくていいのかとも思います。あれだと、自己中心的な実親と同じで遺伝を乗り越えていない気がしてしまいます。
この辺については原作を読むべきかも。まぁ、考えさせられたという意味では良かった。

兄貴役の加瀬亮と父親役の小日向文世の演技はかなり良かった。加瀬亮の作品ちょっと発掘してみようかな。

あと、全然関係ないけど、遺伝子関係の専門家のはずの兄が持ち歩いている理学書が大学の生命科学の入門書だったのがずっと違和感ありだった。わかりやすい本ではあるけど。

理系総合のための生命科学―分子・細胞・個体から知る“生命”のしくみ理系総合のための生命科学―分子・細胞・個体から知る“生命”のしくみ
(2007/02)
東京大学生命科学教科書編集委員会

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://donbero.blog41.fc2.com/tb.php/111-7a06981f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


『重力ピエロ』を観た感想です。

90点(人間ドラマとしても見応え十分) ごく普通の家族というわけではない。しかしその絆は、うらやましいほどに強く、真実味があります。

チャットレディ写真撮影・加工・修正プロ

2009/10/05 17:49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。