自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

ユニクロに並んだ結果と思ったこと。 

2009/11/25 Wed 01:32 - category:日常

KC390001.jpg


KC390002.jpg
(このくらいの解像度なら載せても問題ないと思う、たぶん)

アンパンと牛乳を手に入れてこの日記に写真を載せれば、けっこうネタになるだろうと思ってこじき根性を丸出しにして並んだわけですが、結果はヒートテックの整理券すらもらえないというありさまでした。ひとおおいよ。

うーん。寒かった。どうせならアンパンじゃなくヒートテック配ってくれという感じでしたw
僕の数人前で、整理券が尽きて、後ろの人は並ぶ意味がなくなった。まぁ、下っ端の店員に文句を言う客と謝る店員の応酬が見れたのでよかったかな。たしかに、整理券配り始めたの遅かったけど、そんな下っ端の人に言っても意味ないよなぁと思いつつ、記念写真を撮って帰りました。

実は、11時からのセールは割とすいていたようで、こっち行っとけばよかったなぁと後悔しました。


思ったけど、行列って基本的には無駄しか無いよ。たとえば、1時間並んで1000円安く買うのと、1時間働いて1000円稼いで買うのとでは、買う側としては同じだけど社会全体からすると絶対働いた方がましな気がするんです。

寒い中並ぶのって、価値を生み出してないばかりかストレスたまるし、交通の邪魔になるし社会全体の価値からするとマイナスにしかならん行為だ。働いて得た報酬は価値の生産量に見合うものであるはずなのでこっちの方がいいのでは? そんな時間に働けんと言っても時間価値として考えるとそういう結論になると思う。こういうのを機会費用って言うんでしょうか? 並ぶのってやっぱり戦略的じゃない。

一方、並ばせる側の戦略はまぁ理解できる。必要以上の期待から買ってもらう。ついでに買う。どうせ来たんだから買おう。など。また、一番重要なところとしては、宣伝になること。サクラを使ってまで行列を作るお店があるのは、それが非常に効果を持つからだ。テレビで取材されれば大成功。


じゃあなんでマイナスなのに並ぶかというと、単に消費者側の戦略の無さだけで説明できない心理が結構大きいと思う。期待値をきっちり求めて冷静に行動することはある面でつまらない。期待値のあやふやなままの状態で、何かに「期待したい」とおもっているふしがあるように思える。(僕の場合は、「パンもらえたら笑える」「キレるひと見れたら笑える」という期待があったわけです)

事実がどうかより、そう思いたい、そうだと信じたいという心理が大事な気がします。

ユニクロの価格帯で割引と言われても合計でせいぜい2,3千円ぐらいなので、冷静に考えれば大したことないけど、そこを冷静にならずに押し切れるテンションを大事にしたい。

と思うわけであります。



この記事書いてて思い出した本。今度読みなおそう。
虚人魁人康芳夫 国際暗黒プロデューサーの自伝虚人魁人康芳夫 国際暗黒プロデューサーの自伝
(2004/06/30)
康 芳夫

商品詳細を見る

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://donbero.blog41.fc2.com/tb.php/152-47c1914f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。