自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

テレビ「追跡AtoZ 情報公開について」 

2010/04/12 Mon 15:55 - category:日常

一昨日の追跡AtoZをレビュー。情報公開(特に外交関係)についての話。

核持ち込み・沖縄返還などの密約問題と情報公開法の絡みで結構面白かった。

外務省元高官(外務省の機密文書が情報公開法施行直前に破棄された可能性があると国会で答弁して話題になったそうです)の話がおもしろかった。基本的に情報は公開されるべきだが、
1.進行中の交渉にマイナスになる場合
2.情報提供者または、第3者(相手国とか)に迷惑がかかる場合

は例外だと言っていた。そりゃそうだ。

「知る権利」という言葉をよく聞くが、そもそも「知りたいという欲求」はどこから生じるのか。僕の場合は、そのデータによって、これからの判断がより正確になることかなぁと思う。(純粋に知ることを欲する人は学者になるべきだろう。) それは、皆が歴史を頑張って記録している理由でもある。過去の記憶がなければ、これからのことは決められない。

そういう意味では、外務省が重要な書類を捨てたとしたら本当にクソだなぁと思う。というか、外務省自体にとってもプラスなのか? 過去の失敗も成功も教訓も全部消えるんですよ。持ってるけど「持ってない」って言っていればまだマシかと思うが。

それと、番組前半でアメリカの情報自由法の施行が1967年で早いと言っていたが、最後のVTR、ベトナム戦争の実態を隠していたというのは、その施行後(暴露されたのが1971年)だ。どの国も程度は違えど(事態の進行中に)やることは一緒です。事態が終わってからの公開スピードがちょっと違うけど。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://donbero.blog41.fc2.com/tb.php/215-227a01b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。