自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

映画「家族ゲーム」 

2010/05/07 Fri 18:23 - category:映画

家族ゲーム [DVD]家族ゲーム [DVD]
(2008/01/25)
松田優作: 伊丹十三: 由紀さおり: 宮川一朗太: 辻田順一

商品詳細を見る



シュール。シュールすぎ。
(大事なので大文字で書いておく。)

「39-刑法第三十九条-」(そのときの記事)の監督の作品で探っていたところ、結構名前を聞いたことのある本作に行き着いた。1980年代前半の映画で、キネ旬とヨコハマ映画祭の1位をとった作品。

全体評価・テーマ
シュール。ものすごく面白い。これは観た方がいい。テーマは何なのか。家族の関係が微妙で面白い。大した愛情もないという・・。
ストーリー
中学3年生の受験生のために雇われた家庭教師(松田優作)が、船に乗って団地にやって来る。ひねくれ者の息子をなんとか勉強させて成績も上向いていくが・・・。

多分荒川か隅田川界隈の集合住宅地の設定なのだろうと思う。高度経済成長が続く東京の割と都心でもない住宅地ってところかな。普通の中流階級の家庭を描いているんだと思う。
演技・演出
松田優作の怪演。それがやっぱり一番大きい。すべての空間がこの人を活かすために作られているんじゃないかと思ってしまう。少年役も結構良かったが。
良かったシーン・セリフ
何度も出てくる食卓のシーン抜きには語れないだろう。家庭教師が出された飲み物をすべて一気に飲み干すところが好きだった。そして最後ぶっ壊れるシーン。
今後観たい関連作品
森田芳光監督はまだまだ面白いのがありそうだ。

テーマ: DVDで見た映画 - ジャンル: 映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://donbero.blog41.fc2.com/tb.php/238-085319f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。