自己紹介

1517

Author:1517
東京都内に住んでいます。地震などの災害に弱い木造住宅密集地域を省略して、モクミツ地域と呼ぶそうです。何が言いたいかというと、私はいまモクミツ地域に住んでいるということなのです。

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

チョット検証シリーズ2「クネクネしている手すり」 

2009/04/11 Sat 00:29 - category:何かの評価

ようやく第2弾である。

今回はクネクネしているてすりについて書いてみようと思う。


その名もクネット
kunet.jpg

写真ソース:http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/kenzai/20080218/516209/

佐賀県佐世保市のクネット・ジャパンが製造・販売しているそうだ。
official site:http://www.qunetto-japan.jp/

結構前にテレビで見た気がするが最近JR御茶ノ水駅(確かここだった気がする)で見たので思い出した。我が地元福岡でも、天神の地下鉄や地下街の入り口でよく見かける。

クネクネ形状のおかげで上るときは取っ手の機能で、下るときには杖の役割を果たすらしい。割と売れているみたいだ。

だが、私の評価は若干辛めである。確かに、普通に上ったり下りたりするのがきついお年寄りの方々などにとっては使いやすいだろうとは思った。しかし実際遭遇して分かったのだが、普通のスピードで移動するときにつかむと、くねくねが邪魔で逆に動きにくい。一歩一歩踏みしめる動き方をせざるを得ない人以外にとってはうれしい機能ではない。

確かに一部の人にとってはバリアフリーではある。その時点で結構評価していいとは思うのだが、決してユニバーサルデザインとは言えない気がする。すべての人にとって使いやすくなるのがユニバーサルデザインだと思うのだ。だから私個人にとっては微妙な感じです。


とはいえ、こういった試みが嫌いなわけではない。まっすぐな手すりという既存の状態を疑ってみる発想と言うのが何か新しいものを産むきっかけになると思う。事実、これによって助かっている人もかなり多いはずだし。
そしてそういう製品は一風変わった景色を産む。クネットも見た目的には面白くて「何だこれ?」って感じがあって好き。そういったちょっとした違和感に気づいていくと自分にとってもいい発見ができる気がする。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://donbero.blog41.fc2.com/tb.php/57-8430aee4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。